×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

はりたまご TOP旅行記>2011年7月諏訪と上高地

■諏訪と上高地(2011年7月)


出発はいつもの新宿駅特急ホームから。

9時発のあずさ9号で出発です。


新宿から2時間半で上諏訪駅に到着。

今回諏訪までやってきた理由はこの上諏訪街道呑みあるきに行ってみたかったから。
上諏訪近辺の諏訪5蔵の地酒(真澄横笛本金舞姫麗人)を楽しく呑みあるきしましょう、というイベントです。

毎年春と秋の2回やっているのですが、この年は春の呑みあるきの直前に東日本大震災があったため、春の呑みあるきは7月の七夕にあらためて開催となっていました。
七夕なので短冊の飾り付けも。



ここでぴーたんさんと合流。
有り難いことに車をだしていただけたので、車でまずは前宮へ。


ということで前宮。車ですと来やすいですね。

前宮から茅野方面の眺め。
眺めがよくて気にいっています。


前宮二の御柱と水眼。

そして前々から気になってた山里さんにようやく寄れました。

ちなみに前回前宮まで来たのは前の年の12月で、そのとき山里さんは冬期休業でやっていなかったのでした。

お蕎麦をいただいて、しばしゆっくり。

続けて本宮へ。車だとすぐ着いちゃいますね。

お参り。

前宮、本宮とまわったので、ちょっと遠回りだけど、諏訪湖の湖畔をまわって上諏訪へ戻る。



一旦宿に戻ってひと休みしてから、呑みあるきへ。


横笛の伊東酒造さんでチケットとおちょこ(2,000円)を買って呑みあるきスタート。
一杯のごほうび……
この日は一杯どころじゃありません。

真澄の宮坂醸造さん。
店舗は以前トラックに突っ込まれて壊れてしまって、今も修理中でした。

コロッケがおいしかった。シカクシは……食べてないや。

食べ物でいうと、伊東酒造さんのところで売っていたきゅうりの一本漬けがお酒とあって最高においしかった。

ちなみにこの呑みあるき、会場は国道20号線沿いなのですが、別に国道20号線が歩行者天国になっているわけでもなく、普通に車がたくさん通っている中での呑みあるき。

諏訪湖の水陸両用車が通ったり、

新宿行きの高速バスが通ったり。

呑みすぎてぶつからないようにしましょう。
あと、道路を渡る時は横断歩道を渡りましょう。

麗人酒造さんにお邪魔します。

だいぶ酔ってきたところでちょっとお散歩。
まずはお御渡りでおなじみの八剣神社にお参り。ちょうと伊東酒造さんの裏手あたり。

続けて石段を登って手長さま。
ちょうどお祭りの日だったらしく、境内もにぎわっていました。

手長さまからの諏訪湖。
ここも気にいっているところ。

その後は再び会場に戻って、ゆっくり19時まで呑む。
やっぱり4時間って結構長いですね。

呑みあるきが終わったらそのまま宿に戻って、1日めは終わり。


翌日。
前日のお酒の影響はあまりなさそうだったので、ちょこっと上高地まで行くことに。

7時過ぎに電車に飛び乗って出発。この日も天気が良かったです。
やってきたのは松本。
ここで松電……じゃなくてアルピコ交通に乗り換えて山のほうへ。
ちょうどこの時は安曇野が舞台の「おひさま」をやっている時だったので、松本ではいたるところにのぼりが。

新島々駅でバスに乗り換え。上高地はまだまだ先です。

新島々を出て少し行くと稲核ダム。

この辺りは短い区間に稲核ダム、水殿ダム、奈川渡ダムと3つもダムがある場所。道路は一番大きい奈川度ダムの天瑞(てっぺん)を通るのでどんどん登っていきます。
写真の場所はそんなに高くはないですが、場所によっては眼下の梓川まで100m近くある場所も。

奈川渡ダムの天端。

左に見えてるのはダム湖の梓湖。諏訪湖2杯分の水をためられるそうです。

沢渡のあたり。

数週間前に大雨で崩落があったばかりだったので、坂巻温泉のあたりでは復旧工事をしているところもありました。

この大雨で上高地へ行く道(1本しかない)でも崩落があって、上高地は一時孤立しました。

釜トンネルをエンジン全開で登って、森の中を走っていくと……
大正池。

上高地にやってきました。
大正池から数分で終点の上高地バスセンターに到着。
さっそく梓川沿いへ。水がきれいです。

河童橋。
上高地といったらこのアングル。
河童橋のそばにはこんなトイレが。



明神池(片道約3km、1時間)まで歩いてみる。


ところどころにこんな池が。

上高地はとにかく水がきれい。こう水がきれいだと河童も居そうですね。
切り株の間を通ったり
清流を横切ったり
梓川の川べりに出たり。

河童橋のあたりはすごい賑わっていても、そこから30,40分も歩けばすごく静か。
河童橋から1時間ほどで明神池のある穂高神社奥宮までやってきました。

【穂高神社】
祭神は穂高見神(ほたかみのかみ)。
海神である綿津見神(わたつみのかみ)の御子神だそうです。

北アルプスの山の中だけど、海神の御子神。
御船の龍頭鷁首の模型。
明神一之池。
ちょっと茶色っぽいのは水底が見えているから。水がきれいです。
山と絡めて。

浮かべてあった船と。

こちらは二之池。

帰りは穂高神社そばの明神橋を渡って対岸から河童橋まで戻ります。

明神橋を渡って少し行くと山宿の明神館。
焼き魚のお弁当がおいしそうだったけど、パス。

どうやらこちら側が参道だったようです。

明神館から1時間弱で河童橋まで戻ってきました。

バス乗り場のそばで売っていました。

バスで新島々まで。写真は閉館になった梓川テプコ館。

1時間ぐらいで新島々まで戻ってきました。
往復とも特に渋滞はなかったのでよかったです。

松本行きの電車に約20分の待ち時間で乗り換え。

その後一旦上諏訪までもどって、そこからあずさ号で帰宅したのでした。


■おわり■

はりたまご TOP旅行記>2011年7月諏訪と上高地